FAGA治療に力を入れている評判の病院は?【全国版】

女性の薄毛(FAGA)の治療に最適な育毛剤

女性薄毛の頭皮

女性が薄毛になる原因の一つとして、FAGA(女性男性型脱毛症)というものが挙げられます。これは男性に起こるAGA(男性型脱毛症)の女性バージョンです。

 

女性の体内にも男性ホルモンは存在しており、加齢などによって女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンが優位になります。そのことにより軽いAGAが女性にも起こると言われています。20代や30代の女性にも起こりえる症状です。

 

このFAGAですが有力な治療法が無いことでも知られていました。髪に栄養を与えるサプリメントや外用薬、内服薬による治療が主として行われてきました。

 

女医と患者

それでも一定数の効果を得ている症例は多かったのですが、今現在はパントスチンと呼ばれる外用薬が開発されたことで、更にFAGA治療の効果に期待が持てるようになりました。

 

AGAの抑制薬としてはプロペシアが有名ですが、これは男性専用の育毛剤です。女性に使うと副作用が出るリスクが高い為に禁止されていました

 

しかし、このパントスチンは女性でも使える「男性ホルモン性脱毛症」の抑制薬であり、有効成分アルファトラジオールが悪玉男性ホルモン(DHT)の生成を抑制してくれるのです。

 

まさに待望の女性用抜け毛抑制薬として注目されています。パントスチンで抜け毛を抑制し、その他の育毛剤で発毛を促すのが、今現在のFAGA治療としては有効的な治療法だと考えられています。

FAGA治療に力を入れている薄毛専門クリニック

【銀座/渋谷/梅田/名古屋/福岡 ※その他の全国の提携院で治療が可能】

東京ビューティークリニック

女性の為のFAGA専門クリニックとして近年注目を集めているのが東京ビューティークリニックです。月額7,000円から本格的で医学的根拠に基づいたFAGA治療が受けられます

 

パントスチンやパントガールを使った基本的な治療のみならず、当院オリジナルの発毛薬など一歩進んだ治療も受けられます。薄毛の専門院として、ただ薬を処方するだけの無機質な治療とは違い、検査の後に患者さん毎のオーダーメイド治療が実施されています。

 

また、育毛メソセラピーなどの直接頭皮に有効成分を届ける医療技術も採用されており、FAGAで悩める女性には安心して任せられる設備と熟練の医師がサポートしてくれる信頼の病院なのです。

 

まずは無料で相談が可能なカウンセリングから始めてみると良いでしょう。プライバシー保護も万全で余計なストレスなく相談が出来ます。

 

【新宿/札幌/千葉/横浜/名古屋/大阪梅田/神戸/京都/広島/福岡 】

全国に診療所を構える大手の薄毛専門院です。女性のFAGA治療にも力を入れている事でも知られており、パントスチンを中心とした最新のFAGA治療を取りいれている病院の一つです。

 

パントスチンで抜け毛を抑制し、他の豊富な治療薬を患者さん毎に組み合わせる事で最短での回復を目指します。湘南美容外科クリニックの良いところは、多角的な治療が可能なところです。つまりは、FAGAでの治療が不可能な状態であっても、自毛植毛といった外科的な治療法も残されています。

 

治療費も公式HPに公開されており明朗会計で安心して治療に通える病院です。個室対応や他の患者さんとは顔を合わせない院内誘導など、プライバシー保護も万全です。

 

【東京/札幌/大宮/横浜/熱海/名古屋/大阪/広島/福岡 】

聖心毛髪再生外来でもまた、最新のFAGA治療が行われています。こちらではパントスチンを中心としたFAGA治療のみならず、頭皮に直接成長因子を届けるグロースファクターと呼ばれる再生療法によるFAGA治療も行われています。

 

症例写真が物語っている通り、日々多くの薄毛に悩まされている女性が治療を続け、克服しています。FAGA治療にはこちらもお勧めの病院です。

まだまだ謎が多い女性の薄毛

薄毛に悩む女性

女性の薄毛に関してはまだまだ謎が多いと言われています。明確な原因が究明されない以上、ただ闇雲に薬を使えば効果が出るとは限らないのも明確です。パントガールやパントスチンなどの医薬品は個人輸入という形で通販する事も可能です。この場合は病院での診察代などが掛からない分、安く仕入れる事が可能です。

 

しかし、医薬品であるため副作用のリスクは伴いますし、お話したとおりそもそもの原因が良く分からない状態で使用しても効果に期待が出来ません。医師の診察のもとに最適な治療カリキュラムを組んでもらい、医師のもとで治療に取り組む方が遠回りのようで近道になるのではないでしょうか?

 

上記の薄毛専門院であれば、無料のカウンセリングの段階で十分な時間をかけ治療のメリットデメリットの説明を受けられます。また、治療費の見積もりなども出してもらえるため、本格的に治療を始める際は納得した上で開始する事が出来ます。FAGAの治療を検討されている女性は、まずは相談から始めてみる事をお勧めします。

FAGAと更年期の関係

更年期障害の女性

FAGA(女性男性型脱毛症)は、ホルモンバランスが崩れることで起きる女性の薄毛症状です。女性の体はちょっとしたことですぐにホルモンバランスを崩してしまいがちです。更年期を迎えると女性の体内ではホルモンバランスが大きく変わり、この時期にFAGAに悩まされる人が増えてきます。

 

FAGAの原因とされているのは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの一種です。女性の体内にもわずかながら男性ホルモンは存在するのですが、女性ホルモンの働きでその動きは抑えられています

 

ところが更年期になると卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が急激に減ります。そのため男性ホルモンが優位になってしまい、ジヒドロテストステロンのせいでFAGAになりやすいのです。

 

このような症状は決して更年期の女性だけに起こるものではありません。不規則な生活を送っていると若い女性でもホルモンバランスを崩し、FAGAになってしまうことは十分にあり得ます。出産、ストレス、過激なダイエットでもホルモンバランスが崩れるので、更年期には程遠い20代の女性でも薄毛になってしまうことがあります。

 

FAGAになったら専門医に診てもらい、治療薬の処方などをしてもらうのがいいでしょう。しかし、ホルモンバランスを崩してしまう原因が更年期以外に思い当たるようなら、まずはその対策をするのも大切です。生活リズムを整えストレスを軽減するよう努めれば、FAGA治療もはかどるでしょう。

乱れた生活習慣でびまん性脱毛症になる

タバコと灰皿

女性に多い薄毛の症状といえば、びまん性脱毛症が挙げられます。徐々に症状が進んでいくので、気が付いたときにはかなり薄毛になっています。

 

男性に多いAGAに対し、FAGAと呼ばれることもあります。びまん性脱毛症の特徴は髪の毛全体が薄くなる、髪の毛のツヤが少なくなるといったものです。

 

ホルモンバランスの乱れが主な原因とされているので更年期の女性がなりやすいイメージが強いですが、若い女性でも生活習慣の乱れてびまん性脱毛症になる可能性があります。びまん性脱毛症を引き起こしやすい生活習慣は、以下の通りです。

 

  • ストレスの蓄積
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 不規則な食事
  • 肉体的ストレス

 

近頃は女性の喫煙率が高くなっているのを私の周りでも実感できます。20代後半あたりから新たに喫煙を始める人も多く、タバコを吸う事がクールな女性を演出するといったイメージを持たれている方が多いようです。百害あって一利無しとは聞き飽きた言葉だと思いますが、タバコを吸う事で失うのはお金や健康、あとは時間など計り知れません。

 

悪い生活習慣のせいでホルモンバランスが乱れ、びまん性脱毛症の原因になると言われています。びまん性脱毛症も医療機関で治療薬を処方してもらうのがいいのですが、やはり原因となる生活習慣を正さないといけません。心と体の疲れは放っておくと重篤な病気に繋がりかねません。

 

現代人の生活は完璧にストレスと切り離すことはできないものの、溜まらないようにその都度解消させることが大切です。それだけではなく、食事の栄養バランスを考えたり頭皮に刺激を与えないヘアケアをしたりすることも大切ですね。

 

ホルモンバランスを崩して薄毛になっているのは、いわば体からSOSのサインが出ているようなものです。そのサインを見逃さず、ここは休息を取るべき時期だと考え生活習慣を見直してみて下さい。

バセドウ病と円形脱毛症の関係

円形脱毛症

近年、バセドウ病と円形脱毛症の関係についてよく話題になります。実際にバセドウ病を患った人の間で円形脱毛症になったという意見があるのですが、何か関係があるのでしょうか。

 

バセドウ病と円形脱毛症の関係については、実は専門家の間でも見解が分かれています。例えば皮膚科の医師は関係があると考えるのに、内分泌科の医師は無関係と主張する人もいます。

 

そもそも円形脱毛症自体原因がよく分かっていない病気です。皮膚科の医師はあらゆる可能性を考え、バセドウ病にも関係あるのではと探るのでしょう。円形脱毛症は今のところ免疫力に関係していると考えられています。

 

バセドウ病も自己免疫疾患と言われていて、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって首が太くなったように見えます。同じ自己免疫異常が原因とされている病気なので、その辺りで関係があるのかもしれません。

 

バセドウ病は命に関わる病気なので、まずはその治療を優先させましょう。脱毛症の症状に心が痛くなってしまいますが、バセドウ病に連動するものであれば治療を進めていくうちに毛の抜けも改善されていくことでしょう。

 

一番良くないのはやはりストレスを溜めることと、自己判断で市販薬を使用ことです。ストレスは脱毛の症状を大きくしてしまいますので、難しいとは思いますがなるべく気楽に構えるようにするようにしましょう。育毛剤を使いたい場合や皮膚科で治療する場合も、必ずバセドウ病の掛かり付けの医師に相談してからにしましょう。

 

東京ビューティークリニック

湘南美容外科クリニック

聖心毛髪再生外来

≫公式HP≪

≫公式HP≪

≫公式HP≪